· 

バレエをお薦めする理由

2023年からバレエクラスを開講することになったからだ塾ですが、教えてくれる可奈先生にある質問をしました。

それが、「今という時代にバレエをお薦めする理由」です。

日本には習い事は数えきれないほどあるのですが、その中でも女の子に人気があるのがバレエ教室です。

可奈先生も8歳の頃からバレエを始めて、数々の舞台に出演してきました。

そんな可奈先生がバレエをお薦めする理由を答えてくださいました。

----以下、可奈先生の回答です。

今のこの時代、全身を使うことってありますか?


一概には言えませんが、スマホやゲームなどの普及により、身体を動かす機会は減っているように感じます。


さらに、特にスマホなど、手元を見過ぎて下を向いていることが多くありませんか?


これでは次第に背中も丸くなり、足腰も弱まっていくことは確実です。

 

こういった現状を打破する一つの解決策として、私はバレエをお薦めします。

 

バレエのイメージとして、なんとなくフワフワと優雅に踊っていて、高尚な雰囲気というのが一般的かなと思います。

 

しかしその見た目とは裏腹に、バレエは頭の先から指先、つま先まで全身を隅々まで使わなければ成り立ちません。さらに神経を研ぎ澄ませることがかなり重要です。

 

頭と身体を両方常にフル回転させる。

それがバレエです。

 

ここまで言うと、

難しそう…大変そう…。

などの意見が出てくるかもしれません。

しかし、基本はいたってシンプル。

大変といっても、筋トレなどの筋肉の運動とは違い、バレエは音楽も使うし、内側から整えるイメージなのでただ疲れるのとは全く違います。

むしろ全身が心地良いはずです。

 

具体的な例として立ち方から見てみます。

踵を床に押し、そこから意識を背中に繋げ、上体を上に引き上げます。

これがバレエの立ち方の基本です。

大袈裟すぎるかもしれませんが、これが今の時代の人たちが忘れている立ち方ではないかと、私はそう感じています。

 

さらに目線も重要で、バレエでは動きの中で下を向くことはありますが、基本常に少し斜め上の遠くを見ます。

 

これと先ほどの立ち方を組み合わせると、勝手に背筋が伸び、真っ直ぐ立てるはずです。

 

私はこのポジションに立つだけで、精神統一と言いますか、スーッと力が抜ける感覚があります。

 

筋肉でガチガチに固めるわけではないこの立ち方が、本当に重要なのです。

 

こういった基本的な立ち方から、次第に踊りへ繋げていくわけですが、基本的なところは変わりません。

とてもシンプルですが、この基本姿勢だけで全身が整う感覚があります。

 

そこから次第に色々な動きが出来るようになっていく。そして音楽と共に身体を動かす。

この楽しさと気持ち良さはぜひ皆さんに味わってもらいたい。と強く思っています。

 

もちろん、これは全ての人に当てはまるわけではありません。


バレエが向かない人も、もちろんいると思います。

しかし私には向いていたのでしょう。


元々引っ込み思案だった私ですが、バレエの時だけは自分を出して表現することが出来ました。


今のこの世の中、皆同じことをしないと許されないような風潮がありますが、皆さんにはぜひ、バレエの時だけでも自分を出して踊ってほしい。

それが私の願いです。

 

またこれは私の経験上の話なので、あくまで参考程度に聞いてほしいのですが、バレエをやっている子たちは身体が強く、健康な子が多いです。


ちなみに私自身も全く身体を崩していません。


バレエが理由なのか確証はありませんが、私の中ではほぼバレエのおかげだなと感じてます。

信じるか信じないかはあなた次第みたいになってしまいましたが…。

 

ぜひ一度バレエに触れてみることをお薦めいたします。


----以上

可奈先生教えてくれるバレエクラスは、毎週金曜日に開催しています。

子供クラスがメインになりますが、要望かあれば大人クラスも開講しますので、ご興味のある方は下記のメールアドレスへご連絡ください。
meiple1126@gmail.com