· 

運動会前トレーニング。

おはようございます。

GWも終わり、運動会が開催される幼稚園や小学校も多いのでは

ないでしょうか。

 

からだ塾では、運動会前の特別講習を行っています。

今回は速く走るトレーニング、玉入れ競争の練習を行いました。

 

 

 

走るという動作は、大人からすれば簡単な動作に思えますが、

幼稚園、小学生の子にしてみれば難しい動作です。

 

これを一つ一つ教えてくれるところは、なかなかありません。

からだ塾では、走ることをしっかり教えています。

 

速く走る為には、正しいフォームを覚える事が必要になります。

鏡を見ながら、マンツーマンで走る基本を指導していきます。

 

幼稚園、小学生は、ただ単純に教えていては、すぐに飽きてしまいます。

からだ塾では、子供達を飽きさせない指導法で教えています。

 

ただ走る練習ではなく、鬼ごっこをしながら走る練習をさせます。

 

先生が鬼になって捕まらないように、子供達が逃げる。

鬼ごっこ中に先生が、手を叩いたら止まる。

など、1つの動作の中で2つ、3つの事を同時に行います

 

スポーツをする上で、この事がとても大切になります。

 

 

 

 

玉入れで大切なことは、玉を投げるではなく、

地面に落ちている玉を速く、多く拾う事です

 

からだ塾では、そのトレーニングをペットボトルに数字をつけた物で

行います。

 

倒れたペットボトルを1から10の順番通りに起こす。

 

単純なトレーニングかもしれませんが、子供たちはかなり集中して

行います。

 

次は、ペットボトルを順番にカゴへ入れるトレーニングです。

からだ塾では、これをだるまさんが転んだをしながら行います

 

①数字の書いてあるペットボトルを探す。

②そのペットボトルを取りに行く。

③先生が「だるまさんが転んだ」と言って振り向いたら止まる。

 

この3つの動作をペットボトルへカゴに入れるという動きの中で

同時に行える力をつけていきます。

 

 

からだ塾 目と耳の体操教室では、

このように身体を動かすだけでなく

目や耳、頭を使う力を養える授業を行っています。

 

 

 

 

 

ブログ一覧へ