· 

マッサージは良くない!?

駅前を歩けば

 

見かけない事がない看板の

 

一つとして

 

マッサージに関する看板。

 

その看板の中身を

 

見ていくと

 

60分6000円程度で受けられる

 

国家資格を持つマッサージ師が

 

施術してくれるマッサージ院や

 

60分2980円で受けられる

 

資格を持たずに

 

体のコリを取りますという事を

 

うたいマッサージ風の行為を

 

行う店舗などが

 

混在しています。

 

利用する側からすれば

 

気持ち良くなるだけでいいから

 

という理由で

 

値段の安い店舗へ行かれる方も、


値段が安いと

 

何だか怖いという理由で

 

有資格者のいるマッサージ院を

 

選択する方がいたりと様々です。

 

提供する側としては

 

困っている人の為になりたい

 

という志を持ち

 

高い学費を払い

 

3年間勉学に励み

 

資格を取って

 

マッサージ師になった人たちや

 

目に障害を持ち

 

あん摩マッサージ師の仕事でしか

 

食べていけない人の事を

 

考えると

 

無資格でマッサージ業界を荒らす

 

人たちは許せないという

 

有資格者たちの声が

 

出てきているのが現状でしょうか。

 

有資格の身でマッサージを行う

 

私としては、

 

世の中には

 

需要と供給のバランスがありますから

 

全て根絶することは無理だと


考えています。

 

しかし、

 

思う事はあります。

 

それは、


利用する側が賢くなる

 

必要があると思っています。

 

「何の為にマッサージを受けるのか」

 

「自身の体をどのようにする為に

 

マッサージを受けるのか」

 

ということを

 

しっかり考えて

 

利用するべきだと思います。

 

何を偉そうに‼と

 

思われるでしょうけど

 

ちょっとだけ

 

医療機関やマッサージ店を

 

賢く利用するという事が

 

どういう事なのかを

 

聞いて下さい。

 

利用者が

 

「ただ単に揉まれて気持ち良くなりたい」

 

だけなら

 

値段は安いに越したことはないと

 

思います。

 

しかし、

 

「体が痛くてどうにもならないから

 

何とかして欲しい」

 

と思う時は

 

有資格者の元で施術を

 

受けると思います。

 

この辺りは普通の方が出来る

 

ごく一般のレベルです。

 

私としては

 

医療機関やマッサージ店を

 

利用する方は

 

もっと、もっと賢くなって

 

欲しいです。

 

痛み止めの薬やシップ、

 

電気治療やマッサージで

 

「痛みがなくなれば良いの?」

 

牽引や手術などで

 

「しびれがなくなれば良いの?」

 

私は、これは違うと思います。

 

ちなみに

 

上記の事で、

 

はい。と答えた方に

 

質問です。

 

あなたはどちらが良いですか?

 

1、痛みを感じる体

 

2、痛みをまったく感じない体

 

いかがですか?

 

究極の選択ですね(笑)


このように考えた時に

 

痛みをまったく感じない体を

 

あなたは選んだとしましょう。

 

痛みを感じない体なので

 

スポーツをしていても

 

体に痛みがあるからプレー出来ない

 

という事が無くなります。

 

痛みを感じない体なので

 

仕事をしていても

 

体に痛みがあるから仕事が出来ない

 

という事が無くなります。

 

これは、一見

 

スポーツでも仕事でも

 

とても良い事の様に思えます。

 

しかし、

 

痛みを感じないという事は

 

体から出される様々な

 

変化に気付けない事になります。

 

体から出される変化とは、

 

いわば体からのSOSです。

 

これに気付けないで

 

スポーツや仕事をし続ければ

 

体としては拷問のような物です。

 

正確に言うと

 

体を扱う主人は痛みを感じないので

 

拷問にはなりませんが、

 

主人の言う通り動く体としては

 

拷問ですね。

 

このように、

 

痛みを感じないで拷問のような事を

 

体へ続けていくと

 

体の緊急停止装置が発令されて

 

最悪の場合、

 

生きていけなくなります。

 

 

 

 

いかがでしょうか?

 

ここまで、考えると

 

体から発せられる痛みは

 

無くてはならない物だと

 

思えるはずです。

 

痛みとは、理由もなく

 

出てくる物ではなく

 

体が主人へ何かを伝える為に

 

出される物だと

 

思えるはずです。

 

ですから、

 

医療機関やマッサージ院を

 

利用する方たちは

 

体に起こる痛みや不調を

 

排除するという考え方から

 

なぜ、

 

体から痛みや不調が出るのかを

 

考えて欲しいです。

 

これが

 

賢い考え方になります。

 

 

 

また、

 

医療機関やマッサージ院を

 

利用する方たちには

 

痛みや不調が出た時に

 

して欲しい事があります。

 

それは、

 

痛みや不調が出た日時より

 

過去の事を思い返して欲しいです。

 

腹痛であれば、

 

昨日、変な物食べたかな?

 

と考えます。

 

のどの痛みであれば、

 

一昨日は寒いのに薄着で

 

寝たからかな?

 

と考えます。

 

このように

 

多くの方は

 

内臓の痛みや不調などには

 

過去の行いを振り返りますが

 

体の筋肉や関節の

 

痛みや不調にはどのように

 

考えるでしょうか?

 

たとえば、

 

肩こりはどうでしょうか?

 

腰痛ではどうでしょうか?

 

スポーツ中に起こる体の痛みや

 

不調はどうでしょうか?

 

このような症状にも

 

すべて理由があるのです。

 

肩こりや腰痛であれば

 

仕事中の姿勢や体の使い方、

 

スポーツ中に起こる痛みや不調は

 

体の使い方、疲労の取り方など

 

全てあなたの行いが原因で

 

起きているのです。

 

「寒くなってきたから肩が凝る」

 

「仕事が忙しいから腰痛が出る」

 

「練習が多くなったから痛みがでる」

 

と言った環境の変化の責任にして

 

問題を解決させないで下さい。

 

そして、それは本当の意味での

 

問題解決になりません。

 

問題は、

 

様々な変化に対応出来ない

 

体の扱い方や

 

体との向き合い方なのです。

 

痛みが出る事を他者の責任にして

 

楽になろうと思わないで下さい。

 

もっと厳しい言い方をすると

 

体を扱う主人の行いや考え方が

 

痛みを引き起こしているのです。

 

全ての責任はあなた自身にあるのです!

 

・・・・という事で

 

医療機関やマッサージ院を

 

利用する方は賢くなりましょう。

 

医療機関を賢く利用すれば

 

保険診療を抵抗なく利用して

 

薬を毎日ラムネのように

 

飲む人たちが減り国の医療費が

 

抑えられるのですから・・・

 

そうなれば

 

国の無駄な出費が減り

 

無駄な増税もなくなり

 

家計が助かる訳ですから・・・

 

皆で賢くなりましょう。

 

という事で、


ここまで書いてきましたが


少し長くなりましたので


今回のブログはここで


一旦終了します。

 

この続きは次のブログ


更新をお待ち下さい。

 

次回のブログでは


「マッサージは良くない⁉︎」と

 

書いたタイトルの

 

真意を書いていきます。

 

皆さん、賢くなる為に

 

必ず読んで下さいね。

 



 

次回ブログはこちら

続:マッサージは良くない!?





ブログ一覧