· 

確実に痩せる方法

ねんしょうけーい♪ねんしょうけーい♪ア~ミノ式

 

ねんしょうけーい♪ねんしょうけーい♪ア~ミノ式

 

こんな運動し~なくても♪これ一本、燃焼系♪ア~ミノ式♪

 

何とも懐かしいCMですね(笑)

 

こちらのCMは2003年3月頃~2005年頃まで

 

テレビCMとして放映されていたものですが皆さんはご存知ですか?

 

女子高生が駅のホームで後ろ宙返りを永遠と繰り返すというスゴ技を

 

15秒間のCMで見せつけられた時には度肝を抜かれましたが、すぐに

 

「こんな運動出来るかー!」

 

ってツッコミをいれてしまいました。

 

あれから12年経つのですね。何とも月日が流れるのは早いものです。

 

さて、

 

今回の記事ではそのCMについてではなく

 

CMで流れるようなアクロバティックな運動をしなくても

 

また、アミノ式ドリンクを飲まなくても

 

誰でも確実に痩せる方法をお教えします。

 

ちなみに今回の記事は、前回の記事の続きのようなものに

 

なっていますので、前回の記事をまだご覧になっていない方は、

 

下記をクリックしてご覧下さい。

酸素足りてる?

 

 

 

騙される人

世の中には、様々なダイエット商品があります。

 

その中で特に人気商品は、「飲めば脂肪を燃焼できる」ことを

 

謳った飲料水です。

 

痩せるには運動するのが一番良いということは誰しもが

 

分かっていることなのに、ついつい手を伸ばしてしまうのが

 

手軽に「痩せた感」を味わえる飲料水です。

 

飲んでいれば痩せられる商品は

 

痩せたいけど運動が出来ない人にとっては

 

まさに魔法のアイテム、暴飲暴食をした翌日は決まって

 

魔法のアイテムに頼ってしまいます。

 

しかし、それって本当に効果があるのでしょうか?

 

もちろん魔法のアイテムを使っている人にとって自分自身の行いを

 

否定したくないので効果があると言うでしょうが、

 

不摂生な生活を改善せずに魔法のアイテムに頼って安心して

 

更に不摂生な生活を続けているので、

 

ぶっちゃけ逆に太ってません?(笑)

 

そりゃそうでしょう。

 

浪費癖のある人が貯金できないように

 

運動しなくても痩せられるなんて、ありえないですから・・・

 

魔法のアイテムを飲んでいるから大丈夫!

 

と思って運動せずに暴飲暴食をしていれば、確実に太りますよね。

 

そんなことも分からずテレビや雑誌の情報を鵜呑みにしていると

 

将来は自分の頭で考えることが出来なくなり

 

確実にボケたり痴呆症になりますよ。

 

特にテレビや雑誌の情報に踊らされやすい主婦の方は、

 

今の内から自分の頭で考える習慣をつけた方が身のためです。

 

どうぞ嘘か誠かを自分自身で見極める努力をして下さい。

 

酸素で痩せる

皆さんの体は20代をピークに様々な機能が低下しているのを

 

ご存知ですか?

 

いわゆる老化現象という物ですが、実は20代から始まっているのです。

 

老化現象とは、記憶力、記銘力や視力、聴力、体温調整などの

 

生理機能や筋力低下のことを言うそうですが、このような衰えが

 

20代から少しづつ始まっています。

 

そんな事に気付かないで衰える機能を向上させる運動を怠って

 

好きな物を飲み食いしていれば誰でも太ります。

 

どんな人にはモテ期があるそうですが

 

私はデブ期もあると思っています。

 

独断と偏見でその時期を推測すると

 

第一次デブ期は20代後半、第二次デブ期は30代後半

 

最終デブ期は40代後半のような気がしています。(笑)

 

このデブ期に気付いて早めに対処していればデブ期という時代を

 

経験せずに済むのですが、なかなか脱出できずに苦しむ人が

 

後をたちません。

 

モテ期を経験した人は少ないですが、デブ期は凄く多い気がします。

 

めちゃくちゃ言っていますが、そんな方々へ朗報です。

 

これから太る原因について簡単に説明します。

 

これを読みしっかり理解して運動すれば確実に痩せますので

 

痩せたい人はしっかり読んで下さい。

 

ネットや雑誌では太る原因が6個~13個あるそうですが

 

「原因がそんなにたくさんあったら何が原因か分からねーし」

 

と思うのは私だけでしょうか。(笑)

 

他にも基礎代謝が低下するから太るだとか、活性酸素が原因で太るだとか

 

言っていますが、どれも分かりにくい原因ばかりです。

 

 

ここで私がビシッ!と原因を1つにします。

 

太る原因は、ずばり!

 

酸素不足です。

 

前回の記事でも書きましたが、脂肪を燃焼させる酵素リパーゼは

 

酸素が体内に取り込まれていると働きやすく、酸素が取り込まれないと

 

働きにくいということが理由です。

 

それを裏付けるように20代をピークに肺活量が低下することも

 

挙げられます。

 

太る原因でよく言われるのが筋力が低下して

 

基礎代謝量が減るから太りやすいというのは、真実を伝えていません。

 

真実は、筋力低下により酸素を体内へ取り込む量が少なくなり

 

リパーゼの機能が低下するから太るのです。

 

もちろんこれは、知らず知らずのうちに太る原因であって

 

食べ過ぎが原因で太るのは当然の事実として話しています。

 

また、運動しても痩せられない人は酸素を体内へ取り込むことを

 

最重要目的にしていないから痩せられないのです。

 

この事に関しては後程説明致します。

 

タバコは太る

タバコと聞くと肺癌になるイメージがあり、太ることと関係ないように

 

思われがちですが、そんなことありません。

 

なんせ酸素不足が太る原因なのですから

 

酸素を体内へ入れず二酸化炭素である煙を肺へ入れて、

 

1日に数時間を過ごしいている人が太らない訳がありません。

 

タールが悪いだとか、ニコチンが悪いだとか、小難しい話は抜きにして

 

二酸化炭素を体内へ入れる行為が体に良い訳がありません。

 

「あなたは植物ですか?光合成で生きているのですか?」

 

という問いかけに対して

 

「いえ、私は人間です!酸素で生きています!」と言い返せるくらいの

 

気合と根性はあなたにはないのですか?

 

 

なんーーーて、

 

偉そうに言ってますが私もタバコを吸っていました(笑)

 

ですので、簡単に辞められない気持ちも分かります。

 

私もタバコは体に悪いからという理由で何度も禁煙を試みましたが

 

お酒が入るとついついもらいタバコをしてしまい完全に

 

タバコをやめられませんでした。

 

私の禁煙生活はまさに失敗の連続で、自分の惨めさと不甲斐なさで

 

心を傷めることもしばしありました。

 

ですがこんな私も、ある事を機にタバコをきっぱり辞められました。

 

それが結婚です。

 

これから一生を共にする人へ害を与えては絶対にダメでしょ!という

 

なんかよく分からないポリシーが結婚を機に生まれて

 

それまで当たり前に吸っていたタバコをきっぱり辞められました。

 

いわばタバコ以上に大切な存在を手に入れたことで

 

タバコを辞めることが出来たわけですね。めでたしめでたし(笑)

 

今では、タバコを辞めて本当に良かったと思っています。

 

なんせあのタバコを吸っている時間って、無駄ですよね。

 

また体に悪い事をしているのに月1万円以上も

 

お金をかけるなんて・・・

 

そんなことしたら3人家族の食費を2万5千円でやりくりしている

 

妻に申し訳ないです。

 

とにかくタバコは太るし、体に悪いし、お金は無くなるし、

 

周囲に悪影響だし、私は辞めて本当に良かったと思っています。

 

ということで、タバコは酸素を体内へ入れる事が出来なくなるので

 

太ります。

 

本気で痩せたい人は、タバコを辞めなさい。

 

飲酒は太る

はい、これ誰でも知ってます。

 

でも皆さん、本当に理解しています?

 

まさか、飲酒後にラーメンを食べたりするから太るとか

 

ビールだから太るとか思っていませんよね?

 

それって、本当に理解できていないですよ。

 

ワインであろうと、ビールであろうと、焼酎であろうと、

 

日本酒であろうと、飲酒後にラーメンを食べる食べない関係なしで

 

アルコールを体内へ入れた時点で太ります。

 

理由は、やはり酸素不足になるからです。

 

簡単に説明すると

 

アルコールが体内へ入ると、肝臓で分解されます。

 

この肝臓での分解作業で、かなりの酸素を使います。

 

これにより体は極度の酸欠状態に陥り低酸素症になります。

 

二日酔いで頭痛がするのは、アルコールによる低酸素症で

 

脳に酸素がいかなくなるのが原因です。

 

これを改善するべく酸素カプセルを使う方がいるようですが、

 

それも一時の救いで根本的な改善にはなりませんので

 

高いお金を払う価値はないかと私は思います。

 

「てか酸素にお金払うって、目の前に酸素あるじゃん!」って思うのは

 

私だけでしょうか。

 

話を戻して、ある学者はアルコールによる低酸素症を高山病の低酸素症に

 

例えて、ビール500mlの飲酒は高度2000フィートに匹敵すると

 

言っています。

 

つまり500mlビール1本で約609mの山を登ったということですので

 

ビール6本で約3700mの山を登ったことになります。

 

ビール6本で富士山登山と同じ酸欠状態です(笑)

 

しかも登山は歩くのでエネルギー消費がありますが、

 

飲酒は座っているだけで特にエネルギー消費しません。

 

それで酸欠になって脂肪分解酵素が働かない状態で

 

気分だけは高揚して、飲酒後にラーメンだの食べて

 

翌日は二日酔い状態で家で寝てる訳ですから、

 

太らない理由が見当たりませんね。(笑)

 

また、アルコールを分解するのに糖分も使われるので

 

低血糖状態になり、こちらも二日酔いの原因になります。

 

低血糖状態で飲酒後にラーメンや甘いものを欲するのは

 

ごく自然な流れです。

 

むしろ糖分を取ってあげた方が、二日酔いを抑えられるかもしれません。

 

ただ、消費した以上に糖分を取り過ぎると、それが脂肪に代わり

 

太る原因となります。

 

以上が飲酒は太るということの簡単な説明になります。

 

いかがですか?

 

これを聞いてもまだ飲酒しますか?

 

本気で痩せたい人は飲酒を辞めなさい! 

 

酸素筋を鍛えろ!

痩せる為には、やはり運動は必須です。

 

運動しないで横になっているだけで痩せるなんてありえません。

 

エステでやせるとか一瞬の気休めですから!

 

そんな高いお金を払わなくても、ただで痩せる方法がありますよ。

 

それが、運動です。

 

運動っていってもスポーツジムとか行かなくても大丈夫です。

 

むしろスポーツジムのような施設は、

 

痩せる為の酸素が少ない環境なのでおすすめしません。

 

緑が多い公園は、無料酸素提供所です。

 

ひとまず、そこでウォーキングやランニングをしましょう。

 

ただやってはいけない運動があります。

 

それが、腹筋運動、腕立て伏せ、スクワット、ヨガやピラティス、

 

体幹トレーニング、ストレッチ、自転車です。

 

「えーーーっ!健康雑誌でダイエットにいいって

 

紹介されている運動ばかりじゃん!」

 

そうなんです。

 

これら全ては、本気で痩せたい人はやらない方がいいでしょう。

 

なぜならこのような運動は、酸素を取り込みやすい有酸素運動ではなく

 

酸素を取り込みにくい無酸素運動だからです。

 

脂肪を燃焼させるには、如何に酸素を体内へ取り込むかということが

 

重要になります。

 

つまり、ゆっくり深い呼吸を運動中に如何に出来るかがポイントです。

 

ハーハーと息がきれたり、息を止める動作があるような運動は

 

酸素を体内へ取り込まない運動になるのでやめましょう。

 

特に腹筋に力を入れてしまうような運動は、辞めた方がよいでしょう。

 

なぜなら、腹筋に力を入れると確実に息を止めるからです。

 

息を止めるということは、酸素が吸えないということで、

 

脂肪を燃焼できないことになります。

 

つまり腹筋は、脂肪を燃やさない不完全燃焼筋

 

言ってもいいかもしれません。

 

では逆に脂肪を燃やす燃焼筋はどこにあるのか?

 

それは、皆さんが非常に意識しにくい体のある場所に存在しています。

 

 

燃焼筋

 

ひとまず、上半身を軽く後ろへ反らしてみて下さい。

 

どうですか?

 

自然と息を吸いませんでした?

 

それが、酸素を吸えたということです。

 

その際に使った筋肉が脂肪を燃やす燃焼筋です。

 

燃焼筋は、私たちの見えない体の後ろ側にあります。

 

後ろ側と言っても範囲が広いので分かりにくいかもしれませんが

 

手足は不完全燃焼筋と認識して頂いて

 

燃焼筋は腰と背中の筋肉だけです。

 

大きい車の方が排気量が高くガソリンを多く消費するように

 

人間の体も、大きな筋肉をメインで使った方が

 

脂肪を燃やしやすくなります。

 

つまり、手や足など小さい筋肉を使うのでなく

 

腰と背中にある大きな筋肉を使って運動した方がダイエットには

 

効果的ということです。

 

「へぇーーそっかー。じゃー腰と背中の筋肉を意識して

 

歩いたり走ったりすれば良いのねー」

 

なんて思われた方、甘いです‼

 

人間は誰しも必ず手足に力を入れて動いていまうのですが、

 

実はこの動作が腰と背中を動かさないようにするブレーキ動作なのです。

 

現代人はこの動作があまりにも多い!

 

その為、腰と背中の燃焼筋を鍛えているつもりが手足に力を入れて

 

不完全燃焼筋を鍛えているなんてことが往々にしてあります。

 

試しにイスに座っている所から立ち上がってみてください。

 

その際に、手を膝の上や机に置いて「よっこいしょっ」て立った時点で

 

手足から体を動かした証拠です。

 

また立ち上がる際に、膝や太ももに「ギュッ」とした感じが出て

 

筋肉が硬くなるのも手足から体を動かした証拠です。

 

燃焼筋を効率的に使うには、そのような手足によるブレーキ動作を

 

排除していかなければなりません。

 

ですので、運動の際は腰と背中をメインで使えるようになる

 

トレーニングをしてからランニングやウォーキングをする必要が

 

あります。

 

 

腰と背中を使うトレーニングについては、また次回お話しますが、

 

ひとまず燃焼筋を使った運動こそが確実に痩せる運動です。

 

世の中にはいかにも「やっている風」の運動がありますが

 

それらが本当に効果があるのかないのかは、

 

しっかり自分自身の頭で考えて取り組みましょう。

 

有名なスポーツ選手がやっているトレーニングだから間違いない!

 

なんて思わない方が身のためですよ。

 

確実に痩せたい人は、燃焼筋(腰と背中)を鍛えましょう‼

 

くれぐれも不完全燃焼筋(腹筋や手足)を鍛えないようにしましょうね。

 

それでは、また次回の更新をお楽しみに!

 

 

 

 

 

ブログ一覧